デザイナーにはアイデアゼロの段階から

■デザイナーの出番は最後だった

外部のグラフィックデザイナーに仕事を依頼がくるタイミングは、たいてい商品やサービス、イベントなどの内容がある程度固まった段階です。
デザイナー自身もその段階でお仕事をいただくことに、違和感を感じることなく引き受けている場合もあるでしょう。

しかし、クライアントがどのような経緯でこの商品を作ったのか、サービスを展開するのか、イベントを行うのか、理解をすることは難しく、きちんと把握するまでには時間もかかります。
場合によっては「なんでこんなもの作るんだろう」「こんなもの売れるんだろうか」というネガティブな感情を抱いたままデザイン制作を行うことにもなりかねません。

■デザイナーは独特の発想方法で物事を考えている

デザイナーは、クライアントから得た情報をもとにデザインを制作していきます。
そのプロセスは、商品開発やイベント企画等においても役立つものと思います。
なぜ、この商品を作るのか、を起点にしてアウトプットを生み出す力をはじめの段階から活用してもらうことが非常に大事です。自らが企画から関わった案件であれば、デザイナーの理解度も高く、さらに思い入れも違うでしょう。

デザイン思考について理解しているデザイナーが関われば、より企画が充実したものになります。
デザイン思考は、生活者の観察から始まり、数値化できない要素を課題として捉える手法です。
普段から「デザイン」という数値化して計ることのできないアウトプットに関わっているデザイナーがいることで、企画の幅は広がります。

■チームメンバーの幅を広げる

チームに未経験者や異業界のメンバーを組み入れることは、プロジェクトをよりよいものにする上で大事なことです。
その業界や商品について熟知した人達によるチームでは失敗こそ少ないものの、今までにない唯一無二のアイテムを生み出すことは難しいでしょう。
チームにいままで経験のないメンバーを入れることで、既成概念にとらわれない自由な発想を得ることができます。
失敗も多く生まれますが、大きく成功する可能性のある企画も生み出すことができます。
その役割をデザイナーに担ってもらうこともいいでしょう。

株式会社宮崎デザイン事務所でも、デザインマネジメントに基づいた総合的なコンサルティングを行っております。
デザイン思考を活用して、よりよいプロジェクトにするためのお手伝いをいたします。

 

文章:宮崎まさひろ

関連記事

PAGE TOP