秋田県湯沢市「農業マーケティングセミナー」にて講師を務めました

2018年11月22日、秋田県 湯沢市 産業振興部 農林課 農業活力創造室が主催する「農業マーケティングセミナー『農業未来塾』」にて、昨年に引き続き講師を務めさせていただきました。

農業においても、デザインマネジメントが非常に重要です。デザインマネジメントの要点を伝えながら、商品開発のプロセスを簡単に体験していただきました。

農業は、ほかと明らかに違う商品を生み出しにくい分野だと思います。ひとつの野菜に対してもたくさんの品種がありますが、独自品種の野菜を作ることは非常に難しいことです。つまり、どうしても他の農家と横並びの商品を並べることになってしまいます(それぞれの農家さんは自分自身の作っている野菜に自信を持っていることは間違いありません)。

こういった、横並び状態を打破するために注目を浴びているのがデザインマネジメントの考え方です。なぜ、この野菜を作っているのだろう。なぜ、農業をやっているのだろう。という「Why」を明確にすることで、他の農家さんと違う視点で農業に向き合うことができるはずです。その価値観の違いが、売り方を変え、商品となる野菜や果物にも反映されていきます。

少しでも、デザインマネジメントの概念を理解してもらえれば幸いです。

 

当社では、ご要望に応じて、代表の宮崎が経営に関わる「デザインマネジメント」についてセミナー形式でお話いたします。

自治体や支援機関、団体のセミナー等の担当の方でセミナーの内容についてお悩みでありましたら、ぜひお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

PAGE TOP